ダンディーミュージックストア

あなたの楽器のマエストロ

痙攣 Vol.2 もう一度ユートピアを 国内音楽特集

¥ 1,650 (税込)

Twitterを中心に大きなバズを生んだ創刊号から約1年半。前作を凌ぐボリュームとクオリティで登場した『痙攣』の第2号。新たに気鋭の執筆陣を多数召集し、日本国内の音楽シーンを鋭く照射する必携/必読の一冊。

▼収録内容

#000 序文 李氏
#001 世界への問いかけ ─People In The Box論─ れみどり
#002 「照れ」と桑田佳祐 HAL1989
#003 熱がなくなった街に、もう一度祭り囃子を 吉田ボブ
#004 東京ロゼヲモンド倶楽部 s.h.i.
#005 THE NOVEMBERS 小林祐介 インタビュー
#006 ロスト(イン)ディスタンス ─ロックの不在のユートピア─ 李氏
#007 BBHF『BBHF1 -南下する青年-』レビュー 柴崎祐二
#008 Mom『21st Century Cultboi Ride a Sk8board』レビュー つやちゃん
#009 ART-SCHOOL と「出口なし」の無意識 伏見瞬
#010 未遂のクーデター ─syrup16g・資本主義リアリズム・アーキテクチャ─ 李氏
#011 2020 年代のアイドル・グループを見つめるために ─坂道シリーズとディストピア─ キムラ
#012 セカイという距離を想うこと ─Lily Chou-Chou『呼吸』を聴く─ 北出栞
#013 「しるし」を「かぞえる」 ふぢのやまい
#014 付録 痙攣的国内音楽ベスト100
#015 付録 痙攣的プレイリスト

▼仕様

・サイズ:A5
・ページ数:120ページ+表紙
・色:表紙二色刷り/その他モノクロ

※送料はZINEのみ購入の場合、一律¥300となります。

在庫あり

商品コード: kr-books-keiren2-0-0 商品カテゴリー: , 商品タグ:

説明

前作を凌ぐボリュームとクオリティで日本国内の音楽を鋭く照射し見つめ直す第2号

Twitterを中心に大きなバズを生んだ創刊号から約1年半。2021年11月の文学フリマ東京にて初頒布、前作を凌ぐボリュームとクオリティで帰ってきた『痙攣』の第2号。

今号では小林祐介(THE NOVEMBERS)のインタビューを務めた伏見瞬、冥丁の発言とcali≠gariから「東京の音楽」について論じたs.h.i.など前号からのメンバーを引き継ぎつつも、単著『わたしはラップをやることに決めた フィメールラッパー批評原論』の上梓も記憶に新しい文筆家のつやちゃん、セカイ系の分野で執筆/編集を行う北出栞など、気鋭の執筆陣を新たに多数召集。李氏による、Syrup16gをマーク・フィッシャー著『資本主義リアリズム』をヒントに解き明かす論評も痛快だ。

「もう一度ユートピアを」──日本国内の音楽シーンを鋭く照射し見つめ直す一冊。巻末に付属した「痙攣的国内音楽ベスト100」「痙攣的プレイリスト」も楽しく、音楽ファン必携/必読の一冊。

Brand

痙攣

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。